ポッ拳の攻略wikiです



ポッ拳は格ゲーをシンプルにまとめ直した……と見せかけてズルいくらい隠蔽された知識がある

フィールドフェイズ関連

ホミ格ファジー

なんらかの理由でダウンさせられたなど、不利な状況で使用する
やり方
ダウンから起き上がった瞬間や、攻撃に合間の不利状況に使う
でホーミング格闘を繰り出す
一瞬だけホミ格を維持して、でガード
どのくらいホミ格を維持するのかは使い手の匙加減次第
効果
つかみ攻撃に対して強い効果を発揮しつつ、
通常攻撃に対してガードを狙える攻守万能の構えになる
解説
  • つかみ攻撃をされた場合
相手のつかみ攻撃は無効化されて、つかみ攻撃の硬直状態となって相手は無防備になる
もし、反応出来たらそのままホーミング格闘殴り抜いてもいいし、
反応できなくてもつかみ無効化→ガードする→ガードを解く→何らかの攻撃
と動く猶予が十分にあるため、クリティカルで殴ることができる
  • 通常攻撃をされた場合
起き上がりに完璧に重なっていた場合は、そのまま被弾してしまう
この点は仕方ない
ある程度ズレていた場合はガードしているため、耐えることができる
その後の動きは自分と相手の相性次第でなんとかする
対策
  • つかみ攻撃をしたい場合
相手の起き上がり時点で密着してガードする、
少し遅らせてつかみ攻撃を出す
「ファジーだファジー!」と決め打ちしていた相手には効くが、
普通に殴って来られたした場合には無防備になりやすく相応にリスクがある
  • 通常攻撃をしたい場合
攻撃を完璧に重ねればいい、
できないならいっそガードされる前提での射撃を行う方が低リスク
  • 結論
完璧な対策はないが、これを知らないと酷くやられる可能性がある
フィールドフェイズでのつかみ攻撃は攻撃/ブロックよりもリスクが高いという点を把握しておく

ホミキャン(ジャストガードなどとも呼ばれる)

ホーミング格闘をステップやガードでキャンセルする事ではない
それも確かにホミキャンと言えるだろうが、それとは別のテクニック
やり方
でホーミング格闘を繰り出す
ホミキャンしたい攻撃に対してタイミングよくでガード
ホーミング格闘中にガード開始して数F以内というのが条件
効果
通常よりも素早くガード硬直が解かれ、
異常なほど有利な状況を作り出せる
練習
文章による解説よりも
練習方法の紹介を兼ねた実演の方がわかりやすいから
まずは練習から始めてみる
  • 練習の準備
フリートレーニングで自分はルカリオ※、相手をジュカインに設定する
※ルカリオでなくても良い、つかみ攻撃が最速技ではないポケモンはNG
レコーディングでコマンドを覚えさせる
内容はを連打、2秒分も連打すればOK
対戦相手設定をガード、リアクション設定をコマンド再生に設定する
フィールドフェイズで何らかの軽い攻撃を入れる
NPCのジュカインが連打によるホミ格を出してくる
  • まずは本来は不可能なことを確認する
ジュカインのホーミング格闘は1HIT・1HIT・2HITの3段式
2段目と3段目の間につかみ攻撃を入れてみる
当然の様に3段目に殴られてクリティカルをもらう
  • ホミキャンを入れてみる
1段目と2段目の間で、
本当に一瞬ガードを離してを押してすかさずでガード
一瞬だけガードの6角形の大きさが変化したら成功
2段目と3段目の間でつかみ攻撃を入れてみると
なんとつかめてしまった!
解説
全ての攻撃には適切な硬直時間が設定されているため、
ホーミング格闘やポケコンボの間などにつかみ攻撃が割り込むことができない
ホミキャンが成功した場合、その硬直時間を大幅に減らしてしまう
そのため、ジュカインのホミ格2段3段の間のような
比較的間が広めのコンボにホミキャンが成功すると
つかみ攻撃が割り込めてしまうことになる
対策
ない
フィールドフェイズの立ち回りを良くするうえで必須なので、
習得できなくてもいいから覚えておくこと
ホーミング格闘に限らず、フィールドフェイズならほとんどに有効
また、このホミキャンは多段HITの攻撃には機能しない

例に挙げたジュカインのように一部ポケモンのホーミング格闘は
このホミキャンに対して超弱いという欠陥があることも覚えておく
状況次第では上記のホミ格ファジーと組み合わさり、
ホミ格では危なっかしくて置き攻めしたくないというポケモンもいる

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

どなたでも編集できます