ポッ拳の攻略wikiです

ステータス

  • HP:570
  • 共鳴ゲージの溜まり方:普通?
  • 構え効果:サポートゲージ上昇
  • 伏せ効果:打点の高い攻撃に当たらない

主要アクション

かげぬいサポート封印のバッドステータスがつく飛び道具
みだれづき〜はっぱカッター発生の早い突進技。動作後はソアリングに移行する。
ハードプラント対空性能のあるブロック技
アクロバット【ソアリング中に】空中の相手もつかむつかみ攻撃
ソアリング空中でなどで移動可能/でキャンセル可能

フィールドフェイズ

ホーミング格闘でキャンセル可能

デュエルフェイズ

後ろ入れ弱攻撃
強攻撃連携

技リスト

戦い方

ポッ拳DXで追加された21匹目のバトルポケモン。
素早い動きが特徴のスピード型スタンダードスタイルで、ポッ拳随一の空中機動力とサポートポケモン封印のデバフ付与が強力。
ゴーストタイプ(とダークライ)特有の無敵ステップや滞空状態「ソアリング」と空中ステップにより相手を翻弄できる。
共鳴ゲージが溜まるとアクロバットが弱体化すると言う独特な性質を持つためゲージ量には注意を払う必要がある。

フィールドフェイズ

遠距離
かげぬい:ため(長押し)による攻撃兼トラップ設置とフロント以外のシュート攻撃による牽制攻撃で相手を揺さぶる。
特にかげぬいは一部のシュート攻撃を打ち消すため、相手によっては遠距離攻撃の牽制にもなる。
隙をついてチャージ弱攻撃(ためて離す)でのフェイズチェンジやホーミング格闘による接近を狙う。
中距離〜近距離
フロントシュート()、みだれづき()とその派生攻撃でフェイズチェンジを狙う。
フロントシュートは発生・範囲が優秀だがガードされると確反なので注意。
みだれづきはガードされてもソアリングに移行して択をかけられる。

デュエルフェイズ

遠距離
遠距離の苦手な相手には無理に近づかずにこの距離で牽制する。
うちおと()すとかげぬい()で上下に遠距離攻撃ができるため強力。
中距離
空中ステップからのソアリング()とソアリング〜ステップ(ソアリング中に)で素早く接近・退避できる。
攻撃は空中弱・強攻撃、ふいうち(空中で)、アクロバット(ソアリング中に)やソアリング派生攻撃の3属性で択をかける。
地上ではみだれづき()による突進攻撃が強力。
近距離
至近距離の火力は高くは無いので距離を取るかハードプラント()でのカウンターを狙う。
起き攻めにはブロック貫通効果を持つ後ろ強攻撃:ため()が強力。

コンボ

フィールドフェイズ専用
ダメージなど技1技2技3技4技5
110ダメージホーミング格闘
()
ソアリング
()
ソアリング強攻撃
(ソアリング中に)
普通のホーミング格闘()が89ダメージだから少し強い
ただしソアリング強攻撃はガードされると反撃確定
ガードされたときにアクロバットに切り替えられたらいいな
弱攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
136ダメージ弱攻撃からのソアリング
()
ソアリング強攻撃
(ソアリング中に)
ポケコンボ2+リーフブレード()が135ダメージだからちょっぴり強いぞ
他のコンボなどで使われることがある
168+30ダメ弱攻撃からのソアリング
()
ソアリング強攻撃
(ソアリング中に)
壁ドン発生
弱攻撃からの
うちおとす
()→()
弱攻撃からの
うちおとす
()→()
壁際専用、二回目の弱攻撃からのうちおとすは相手がずり落ちてきた瞬間を狙う
強攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
154ダメージ強攻撃
()
ポケコンボ2
+リーフブレード
()
強攻撃連携()(140ダメージ)よりも威力が高くフェイズチェンジする
ジュナイパーの強攻撃()は低姿勢扱いになるため、上段攻撃を回避できる
185ダメージ強攻撃
()
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリングステップ
からの空中弱攻撃
()→(空中で)
弱攻撃
()
ハードプラント
()
コンボ道場収録技
ソアリング空中弱を最速で出さないのがコツ
200ダメージ強攻撃ソアリング
()
ソアリングステップ
からの空中弱攻撃
()→(空中で)
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
難易度は高いが火力控えめなジュナイパーにオススメの強力なコンボ
()連打と比べると60ダメージアップ
みだれづき及びはっぱカッターで壁ドンさせた場合は、4番目のソアリング弱攻撃を省略すること
壁ドンパターンの場合は221+30ダメージ
231+30ダメ強攻撃ソアリング
()
(壁ドン発生)
アクロ前方投げ
(ソアリング中に長押し)
壁ドン発生
構え弱攻撃
からのソアリング
()
アクロバット
(ソアリング中に)
壁ドン発生
ソアリング
(空中で)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
アクロ前方投げのコンボとの組合わせ
壁と密着させれば強攻撃で壁ドンして231+30、壁と少し距離があると強攻撃で壁ドンせずに225+30ダメージ
↑コンボの壁ドンパターンで十分だから極めたい人向け
213+30ダメ強攻撃ソアリング
()
アクロバット
(ソアリング中に)
壁ドン発生
ソアリングステップ
()※
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
壁際に追い込まれた時専用のカウンターコンボ
 ※コンボ中に振り返ることになるためコマンドの左右が逆転する
伏せ強攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
104ダメージ伏せ強攻撃
()
うちおとす
()
この組み合わせはコンボではなく繋がらない
伏せ強の直後に手前入力の打ち落とすをすることで相手の寝起きぴったりにコイル落下という起き攻めができる
若干タイミングをズラしてみたり攻撃しにいったり工夫しよう
構え弱攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
138ダメージ構え弱攻撃
からのソアリング
()
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
コンボ道場収録技、空中の相手専用
構え弱のみだと非常に低威力なので、このぐらいは追撃しておきたい
177ダメージ構え弱攻撃
からのソアリング
()
ソアリング弱攻撃
〜弱攻撃派生
(ソアリング中に)
ソアリングステップ
からの空中弱攻撃
()→(空中で)
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
空中の相手専用、上記コンボの高難易度派生
ソアリングステップからの弱攻撃の時に繰り出すタイミングをずらして高さ調整するのがコツ
〆のソアリング弱攻撃強派生も撃つタイミングに気をつけないとダメージが減ってしまう
構え強攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
195ダメージ構え強攻撃(クリティカル)
()
強攻撃ソアリング
()
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
普段は頼りない技も投げ読みでクリティカルを出せば強力なコンボにできる
構え強攻撃はガードされてしまうと弱攻撃での反撃が確定する
212ダメージ構え強攻撃(クリティカル)
()
強攻撃ソアリング
()
ソアリングステップ
からの空中弱攻撃
()→(空中で)
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
強攻撃ソアリング始動を組み込んで火力アップを図った例
ただし、火力だけを考えると対投げには空中弱攻撃始動がいいかも
後ろ入れ弱攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
120ダメージ後ろ入れ弱攻撃
()
伏せ弱攻撃
()
(キャンセル)みだれづき
〜リーフブレード
()
後ろ入れ弱から繋がるコンボ。伏せ弱攻撃は2段で止めるのがコツ。
後ろ入れ強攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
164ダメージ後ろ入れ強攻撃
()
弱攻撃からのソアリング
()
ソアリング強攻撃
(ソアリング中に)
後ろ入れ強から繋がるコンボ。
161ダメージ後ろ入れ強攻撃
()
ポケコンボ2
+リーフブレード
()
上記コンボよりも威力は劣るがこれだけでフェイズチェンジ可能
仕切りなおしたい時や壁ドンを狙える位置取りで
206ダメージ後ろ入れ強攻撃(溜め)
()
強攻撃ソアリング
()
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
溜めることでブロック貫通がつく上に強攻撃が間に合うようになる
また、溜めた後ろ入れ強攻撃はガードされてもその後のフレームの具合が大幅有利になる
空中弱攻撃(空中で)始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
158ダメージ空中弱攻撃
(空中で)
弱攻撃からのソアリング
()
ソアリング強攻撃
(ソアリング中に)
空中弱攻撃で地上の相手へ切り込み弱攻撃に繋げるコンボ
威力はないが安定してつなげられる。
208ダメージ空中弱攻撃
(空中で)
強攻撃ソアリング
()
ソアリングステップ
からの空中弱攻撃
()→(空中で)
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
空中弱攻撃で地上の相手へ切り込み強攻撃に繋げるコンボ
空中弱攻撃の当たり具合によっては強攻撃が間に合わずガードされてしまう可能性があるため注意
投げに対し、垂直ジャンプから空中弱2段目を当てて始動すると、クリティカル込みで250ダメージとなる
197ダメージ空中弱攻撃からのソアリング
(空中で)
ソアリング弱攻撃
〜弱攻撃派生
(ソアリング中に)
ソアリングステップ
からの空中弱攻撃
()→(空中で)
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
空中の相手専用、コツは↑の構え弱のコンボをほぼ同じ。慌てないこと
スゲェ…あのジュナイパー、落ちながら戦ってる…
ブロック攻撃()始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
142ダメージブロック攻撃
(溜めかクリティカル)
()
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
すぐにみだれづきをしないでいい位置に落ちてくるのを待つ
アタリ具合でコンボ総ダメージが少し変化する
ソアリング弱攻撃(ソアリング中に)始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
200ダメージソアリングステップ
(空中で)
ソアリング弱攻撃
〜弱攻撃派生
(ソアリング中に)
ソアリングステップ
からの空中弱攻撃
()→(空中で)
みだれづき
〜はっぱカッター
()
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
ジャンプから即座にソアリングステップに移り、低い攻撃を避けて奇襲するコンボ
相手の投げを読んでこのコンボを繋げると、クリティカル込みで238ダメージとなる
アクロバット(ソアリング中に)始動
ダメージなど技1技2技3技4技5
197ダメージアクロバット
(ソアリング中に)
壁ドン発生
ソアリング
(空中で)※
ソアリング弱攻撃
(ソアリング中に)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
自分が壁際に追い込まれている状況での壁ドンコンボ、適用可能な範囲が割と広い
 ※コンボ中に振り返ることになるためコマンドの左右が逆転する
180ダメージアクロ前方投げ
(ソアリング中に長押し)
壁ドン発生
ジャンプ
()
空中弱攻撃
(空中で)
ソアリング
(空中で)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
こっちは相手を壁際に追い込んでいる状況での壁ドンコンボ、これも適用可能な範囲が割と広い
217+30ダメアクロ前方投げ
(ソアリング中に長押し)
壁ドン発生
構え弱攻撃
からのソアリング
()
アクロバット
(ソアリング中に)
壁ドン発生
ソアリング
(空中で)
ソアリング弱攻撃
〜強攻撃派生
(ソアリング中に)
アクロ前方投げの発展系で二回も壁ドンさせつつ徹底的に投げるコンボ
構え弱攻撃の1発目を相手の足元をカスるように当てると相手が壁とは反対側に飛んでいく、
それをさらにアクロバットで投げて壁ドン、ソアリングで追撃を入れてフェイズチェンジ
最速技と最速技からのコンボ一覧
ダメージなど技1技2技3技4技5
102ダメージ伏せ弱攻撃
()
みだれづき
〜リーフブレード
()
ポケコンボ3()が70ダメージだから少し強い
ただポケコンボ3は相手を大きく引き離す効果があるから状況次第で選ぶ
156ダメージ伏せ弱攻撃
()
みだれづき
〜リーフブレード
〜共鳴バースト派生
()
共鳴中専用共鳴派生のおかげで最速技からでもそこそこのいいダメージを与えられる
60・90ダメつかみ攻撃
()
結構弱い、積極的に狙っていくような性能ではない。
デュエルフェイズで投げた場合は8秒間のサポート使用不可デバフがかかり、寝起きブラッキーの心配がなくなる。

オススメサポート


キャラクター対策

(ポケモン名)

テンプレート

このページへのコメント

アクロバットのコマンドを直しました。「ソアリング中にA」が正しい表記です。

Posted by 名無し 2017年10月02日(月) 20:43:48

コンボ欄のアクロバットが全部(ソアリング中にY)になってるのはどういうことですか?

Posted by たろ 2017年10月02日(月) 15:24:32

テンプレート作成しました。
編集お願いします。

Posted by 名無し 2017年09月23日(土) 11:31:44

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます